提供中サービス一覧

    【1】 卍指数

     卍指数は以下の4つのサービスで提供されています。
     いずれも、中央競馬の新馬戦と障害戦を除く全レースの各馬についての提供になります。
     <A> 「馬券モンスター」のオプションデータ
     <B> 卍データダイレクト
     <C> 卍ビュワー
     <D> 競馬放送局
     サービスの選び方は「卍指数提供サービスの選び方」をご覧下さい。
     卍指数の使い方は「卍指数の取扱説明書」をご覧下さい。

    【2】 卍指数活用術

     卍指数を使った馬券の買い方の例を「卍指数活用術」として提供しています。
     詳しくは「卍指数活用術」の販売を開始しました」の記事をご覧下さい。
     「卍指数活用術」を購入後、ご質問等がありましたら、表紙に記載のサポートコードをご記入のうえ
     本ブログのメールフォームからご連絡下さい。

    【3】 無料メールマガジン (NEW)

     無料メールマガジンを配信しています。
     おすすめ馬/危険馬、土日の予想販売ページのご案内などをお届けしています。
     ご登録はこちらから → http://www.mag2.com/m/0001674709.html

    【4】 買い目のメール配信 (9月開始予定) (開始時期未定)(NEW)

     馬連・馬単・三連複・三連単の買い目をレース前日にメールで配信します。
     詳しくは「メールでの予想配信のお知らせ!」の記事をご覧下さい。
     本サービスの開始時期が未定となりました。
     開始時期が決まり次第、ブログでご案内させていただきます。

    【5】 卍の不定期予想販売 (NEW)

     [4]の買い目のメール配信が開始されるまでの間、
     「レジまぐ」にて不定期で1日単位で「卍の不定期予想販売」を販売します。
     「卍の不定期予想販売」の購入ページは、[3]の無料メールマガジンにて案内します。

    今週の結果

    ■単勝又は複勝で10倍以上の配当になった卍指数1位馬

    該当なし

    ■「卍指数活用術」の結果



    ■ブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複のボックス買いの通算結果

    8/21(日)の卍予想販売は半額です

    無料メールマガジンでも案内いたしましたが、
    土曜の卍予想販売が残念ながら全敗でしたので、
    日曜の卍予想販売を通常の半額にて提供いたします。

    日曜の卍予想販売は、下記のページにて販売しています。
    https://regimag.jp/f/file/sell/?sale=1155

    「卍指数活用術」と「卍の不定期予想販売」の違いについて

    何人かの方から問い合わせがありましたので、
    「卍指数活用術」(活用術)と、「卍の不定期予想販売」(予想販売)との違いについて説明します。

    ■概要■
    「活用術」は、卍指数のユーザー向けに、卍指数を用いて買い目を出す方法の一例を提供するものです。
    卍指数と当日のオッズを見ながら、ご自分で買い目を抽出していただく必要があります。
    「予想販売」は、レース前日の段階で卍指数と予想オッズに基いてコンピューターで抽出した買い目を
    ボックスやフォーメーションなどの買い目として提供するものです。

    ■予想方法■
    「活用術」は、卍指数と当日オッズに基づいて買い目を抽出します。
    過去の成績結果は、確定オッズを用いて計算しています。
    「予想販売」は、卍指数と予想オッズ(JRDBデータ)に基いて買い目を抽出しています。

    ■買い目■
    「活用術」と「予想販売」の買い目は、どちらも卍指数を用いているので
    ある程度似ていますが、「活用術」では当日オッズを用いており、
    「予想販売」では予想オッズを用いているので、買い目が異なることも多いです。
    例えば、2016年8月14日の小倉7Rでは、
    「活用術」では三連複(5万馬券)と三連単(27万馬券)が的中になっていますが、
    「予想販売」では、11番トレジャートローヴの予想オッズが
    1番人気(実際は2番人気)だったために、買い目から外れて不的中でした。

    ■買い目数■
    「予想販売」よりも「活用術」の方が、実際の人気を考慮して買い目を抽出できるので、
    期待値の高い買い目をより多く抽出できる可能性が高いです。

    ■回収率■
    回収率については、どちらが高くなるかは分かりません。
    「活用術」は、2015年9月以前のデータを用いて作った予想方法ですので、
    2015年10月以降の成績が「活用術」の真の実力を表していると言えます。
    「予想販売」は、2016年7月17日までのデータを用いて作った予想方法ですので、
    2016年7月18日以降の成績が「予想販売」の真の実力を表していると言えます。

    ■馬券購入のタイミング■
    「活用術」は、確定オッズに基いて作った予想方法なので、過去の成績に近づけるためには、
    できるだけ締め切り間際に馬券を購入する必要があります。
    「予想販売」は、確定オッズを用いない予想方法なので、いつ購入しても構いません。

    ■買い目の安定性■
    「活用術」は、当日オッズによって買い目が変化することがあります。
    特に1番人気馬が入れ替わったときには買い目が大きく変化することがあります。
    締め切り間際に馬券を買っても、確定オッズでは買い目が変わることがあります。
    「予想販売」は、当日オッズを用いないので、買い目が変化することはありません。

    ■買い目の購入■
    「活用術」は、当日オッズ等を見ながら馬券を購入する必要があるので、
    特に締め切り間際に馬券を購入しようとすると、レース当日はパソコンや券売機から離れられません。
    「予想販売」は、時間に縛られることなく自分のタイミングで馬券を購入できます。

    ■利用料金■
    「活用術」は、「活用術」さえ購入すれば、その後は卍指数の利用料(最低1日500円)しかかかりませんが、
    「予想販売」は、1日3,000円(現時点での価格)がかかります。

    ■おすすめ度■
    「活用術」と「予想販売」のどちらがおすすめかというご質問もありますが、
    私としては、どちらが良いというような答えは持っていません。
    最終的にどちらの回収率が上かは、終わってみなければ分かりません。
    ただし、「活用術」での実績が良くない単勝・ワイド・馬連に関しては、
    より最近の期間のデータを用いて予想方法を見直した「予想販売」の方が
    回収率が高くなる可能性が高いだろうと予想します(あくまで予想です)。
    なので、回収率を気にするよりも、どちらの買い方が自分に向いているかによって
    選択していただく方が良いと思います。
    例えば、オッズによって買い目が変わったり馬券購入に時間をかけたりするのが
    嫌な方には「予想販売」が合っていますし、
    より多くの買い目を買いたい方やコストを優先する方には「活用術」が合っています。

    その他、ご質問等があれば右下のメールフォームからご連絡下さい。

    今週の結果

    ■単勝又は複勝で10倍以上の配当になった卍指数1位馬

    8月14日 新潟9R 5番 タマノブリュネット 4番人気1着 単勝1110円 複勝240円

    ■「卍指数活用術」の結果



    ■ブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複のボックス買いの通算結果

    買い目のメール配信について

    買い目のメール配信を9月から開始する予定でしたが、
    本サービスの開始時期を一旦未定とさせていただきます。
    開始時期が確定しましたら、本ブログと無料メールマガジンにて
    ご案内させていただきます。

    すでにお申し込みのご意向をご連絡いただいていた方々には
    大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

    その代わりに、9月から配信予定だった買い目と全く同じ買い目を
    当分の間、できる限り毎土日、レジまぐにて1日単位で販売を継続します。
    買い目の購入ページは、下記の無料メールマガジンにて
    「予想の不定期販売」としてご案内しています。

    無料メールマガジンのご登録はこちら↓から
    http://www.mag2.com/m/0001674709.html

    なお、「予想の不定期販売」では、今のところ
    単勝・複勝・ワイドの買い目も提供していますが、
    万が一オッズへの影響が見られるようになった場合には
    これらの買い目の提供を順次中止していく予定です。

    9月からの買い目配信についての続報2

    メールでの予想配信のお知らせ!」と「9月からの買い目配信についての続報」で
    お伝えした内容についてのさらに続報です。

    メールフォームからお問い合わせがありましたので、
    9月から配信される買い目に関するさらに詳細なデータを掲載しておきます。
    あくまで過去データですので少し割り引いて見るくらいがよいと思います。



    なお、2番目の表の「DD」という項目は最大ドローダウン(最も資金が増えていた時点から
    最も資金が減った時点までの損失金額)です。
    つまり、過去最大のスランプ時における損失金額です。
    株やFXでは、最大ドローダウンの2倍以上の初期資金を用意するのが望ましいと
    言われているようなので、目安にして下さい。

    次に、2010年1月から先週まで1点100円で買い続けた場合の収支のグラフです。






    馬連と馬単は、買い目が似ているためグラフも似ていて、
    三連複と三連単も、買い目が似ているためグラフも似ています。
    なので、馬連と馬単の組み合わせや、三連複と三連単の組み合わせを買うよりも、
    馬連・馬単のいずれか一方と、三連複・三連単のいずれか一方とを買う方が
    リスク分散の効果が期待できます。

    今週の結果

    ■単勝又は複勝で10倍以上の配当になった卍指数1位馬

    8月6日 小倉6R 13番 クリノプラハ 5番人気1着 単勝1070円 複勝210円
    8月6日 新潟9R 10番 ヨイミヤ 8番人気1着 単勝2480円 複勝480円
    8月7日 札幌1R 10番 ブラックオニキス 7番人気1着 単勝1950円 複勝410円

    ■「卍指数活用術」の結果



    ■ブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複のボックス買いの通算結果

    9月からの買い目配信についての続報

    メールでの予想配信のお知らせ!」でお伝えした内容についての続報です。

    9月から配信予定の買い目は、すでにお伝えしている通り、
    馬連・馬単・三連複・三連単の4券種です。
    提供する買い目は、卍指数とJRDBのデータに基づいて
    コンピューターで自動的に抽出したものになります。

    過去データによる各買い目のシミュレーション結果は以下の通りです。



    予想アルゴリズムは2010年1月~2016年7月17日のデータから作成しました。
    馬連については、卍指数活用術の成績が低迷している原因が
    「流し」であることが判明したので、買い方を「ボックス」に変更しました。

    予想アルゴリズムを作成後の成績をモニターし続けていますが、
    100円均等買いの場合の今日までの成績は以下の通りです。

     7月23日(土) 投票額65,300円 収支-20,990円 回収率68%
     7月24日(日) 投票額292,600円 収支-227,520円 回収率22%
     7月30日(土) 投票額106,700円 収支+399,070円 回収率474%
     7月31日(日) 投票額118,500円 収支-118,500円 回収率0%
     8月6日(土) 投票額84,900円 収支+48,160円 回収率157%

    8月6日の成績は、今日レジまぐで不定期販売した買い目のうちの
    馬連・馬単・三連複・三連単の結果と同じです。

    荒れそうなレースでは10頭ボックスなどの多点数買いになるので、
    1日当たりの投資金額のばらつきは、かなり大きいです。
    7月24日のように買い目の多い日に大敗するとダメージは数倍です。
    数ヶ月の間スランプに陥ることも十分にあり得ます。
    よって、特に三連単を購入する場合には、相当な資金力が必要です。

    ただし、本日レジまぐで予想を購入された方はお分かりのように、
    三連単と三連複の買い目はかなり類似しているので、
    三連単の代わりに三連複を買うという方法によって、
    全体の購入金額を、8~9割ほど減らすことができます。

    競馬王9月号

    競馬王 2016年 09 月号」がもうすぐ発売です。

    今回の私のインタビュー記事のテーマは「脚質」です。

    逃げ馬を狙うなどの脚質に基づく馬券術は従来から多数存在しますが、
    卍指数には脚質に関するファクターは含まれていないので、
    脚質に基づく馬券術と卍指数とを組み合わせることは有効かも知れません。


    競馬王 2016年 09 月号
    (amazonアソシエイト)
    自己紹介

    卍(まんじ)

    管理人:卍(まんじ)
    2005年~2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争い、雑誌「競馬王」では「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」として取り上げられました。

    卍の著書
    最新記事(6件分)
    過去記事一覧(カテゴリ別)
    過去記事一覧(月別)
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: