牝馬を分析してみる(その1)

    以前の記事『この「消し」ファクターをいくらで買いますか?』で
    コメント欄に「牝馬」ではないかとの投稿がありましたので、
    今回は牝馬について分析してみたいと思います。

    分析に用いるデータは、2010年から2014年の5年間の中央競馬のデータです。
    回収率は、均等買いした場合のものです。

    全レースを対象にして分析してみると、性別ごとの成績は以下のようになりました。



    でも、よく考えると、レースの中には牝馬だけしか走らない牝馬限定戦も含まれています。
    私たちが知りたいのは、牝馬を狙うべきか否かなので、
    牡馬やセン馬も一緒に走るようなレースでの牝馬の成績を調べる必要があります。

    そういうレースに絞って再度分析してみると、性別ごとの成績は以下のようになりました。



    この結果から、牝馬は他の性別と比べて回収率が約10%見劣りするようです。

    ただし、この結果を見てすぐに牝馬を馬券対象から全部外すのはもったいないです。
    むしろ、牝馬にとって有利なレース条件やコンディションを見つけ出すことができれば
    牝馬を絡めたおいしい馬券を見つけ出すことができます。
    そうすれば、牝馬というだけで馬券の対象から外している人より優位に立てます。

    そこで、次回からは、牝馬にとって有利な条件について検証してみたいと思います。

    例えば、一般的に牝馬は早熟だと言われているので、年齢別の成績を調べてみると
    面白いかも知れません。
    他にも、特に牝馬について、こんな分析をしてみて欲しいという要望があれば、
    ブログ右下のメールフォームからご連絡下さい。

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    競馬王の馬券力検定を受けてみました

    昨日発売した「競馬王 2015年7月号」に、
    「馬券力検定」というコーナーがあったので、10分ほどでやってみました。
    2択問題が全部で50問ありました。

    回収率の問題などは私の得意分野のはずなんですが、
    過去に自分で分析したことはあっても、その結果まではちゃんと覚えていないので
    苦戦しました。

    結果は、50問中31問正解ということで、
    「準2級:あなたの馬券力は標準レベルです。」
    とのことでした。

    問題自体にも興味のあるデータが含まれているので
    研究のネタもたくさん見つかりました。

    あと、馬券力検定とは関係ありませんが、
    62ページの「それでも嫁に毎月4~50万は渡してるですよ!」と、
    63ページの「新馬戦などが得意なので・・・」と、
    55ページの「3度の飯より厩舎情報です!」を見て、
    私も新馬戦に本腰を入れて挑戦してみたいと思いました。

    (Amazon.co.jpアソシエイト)

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    牝馬を分析してみる(その2)

    牝馬を分析してみる(その1)の続きです。

    前回では、牝馬は牡馬よりも10%程度回収率が低いことが分かりましたが、
    牝馬の中でも、回収率が良い条件がないか調べてみました。

    まずは、前回の記事で書いた、年齢別の成績ですが、
    結論だけ書くと、牝馬は若いほど回収率が高くなるというような傾向は
    特にありませんでした。
    牡馬も牝馬も、5~6歳頃から回収率が低下する傾向が見られました。

    次に、牝馬は休み明けが良さそうだとのメールをもらったので、
    調べてみたところ、結果は、下のようになりました。



    一番右の列は、牡馬と牝馬の回収率の差を示しています。
    これを見る限り、レース間隔(休養間隔)が長くなるほど牝馬が有利に
    なるような傾向は特に見られず、
    牝馬は休み明けに強そうだというのは、少なくとも回収率で見れば
    全く当てはまらないという結果になりました。

    3ヶ月~4ヶ月くらいのレース間隔が、回収率の面では良さそうです。
    レース間隔が1ヶ月未満の牡馬や、
    レース間隔が5ヶ月以上の牡馬・牝馬は、回収率は良くないです。

    この結果から判断する限りは、長期休養明けはマイナス評価
    ということになりそうです。

    でも、「勝ちたい奴は『休み明け』を買え!」([Kindle版]勝ちたい奴は『休み明け』を買え!)という本
    の内容紹介を読むと、上の分析結果だけを見て長期休養明けをマイナス評価に
    してしまうのはもったいないみたいですね。

    (Amazon.co.jpアソシエイト)

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    牝馬を分析してみる(その3)

    牝馬を分析してみる(その2)の続きです。

    その後、牝馬に限定して分析をしてみたところ、
    下記のようなファクターAとファクターBが見つかりました。
    縦軸の数字は回収率で、横軸の数字はただの連番です。





    ファクターAについては、比較的簡単な分析なので、
    すでに知っている人もいるのではないかと思います。

    ファクターBについては、サラブレ編集部の方からメールで
    情報提供していただいたファクターに、私の方で少し手を加えたものです。
    (サラブレ編集部では、サラブレモバイルという有料サイトで
    様々なデータを提供されているようです。)

    いずれのファクターも卍指数には用いられていません。
    将来、指数の精度を上げるのに非常に有効なファクターなので、
    現時点では詳しい内容は非公開とさせていただきますが、
    いずれ何らかの方法で公開するかも知れません。

    ファクターAについては比較的見つけやすいと思うので、
    ターゲット等の分析ソフトを持っている方は見つけてみて下さい。

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    自己紹介

    卍(まんじ)

    管理人:卍(まんじ)
    2005年~2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争い、雑誌「競馬王」では「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」として取り上げられました。

    卍の著書
    最新記事(6件分)
    過去記事一覧(カテゴリ別)
    過去記事一覧(月別)
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: