牝馬を分析してみる(その4)

    牝馬を分析してみる(その3)の続きです。

    夏競馬が始まっていますが、牝馬にとっては夏はどうなんでしょうか。
    過去5年間のデータを使って月毎の牝馬の回収率を調べてみました。



    以前の記事で、牝馬の回収率は牡馬に対してかなり悪いことを書きましたが、
    6月~8月に限ってみれば、牝馬はかなり健闘しており、
    むしろ牡馬を上回っています。

    逆に、2月~3月には牝馬の回収率は50%程度になっており、
    「買ってはいけない馬」になっています。

    夏競馬以外では、牝馬をマイナス評価(牡馬をプラス評価)しておけば
    おいしい馬券を見つけ出すことが出来ましたが、
    夏競馬では、牡馬と牝馬が接戦になるため、その分だけ
    おいしい馬券を見つけることが難しくなると思います。

    私自身、夏競馬の成績が他の時期よりも明らかに悪かったのですが、
    上のような牝馬の季節的要因が原因の一つなのかも知れません。

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    雑誌「FLASH」にインタビュー記事が掲載されました

    今日発売の雑誌「FLASH」にインタビュー記事(合計3ページ)が掲載されました。

    2億を超える課税額の更正通知書や、
    2007年と2008年のPAT収支の画像も載せています。



    (amazonアソシエイト)

    JRDBとのコラボ企画

    現在、競馬情報サービス会社のJRDBとのコラボ企画を進めています。
    具体的な内容が決まり次第、順次このブログでお知らせしていきます。

    JRDBの「競馬ビッグデータ」というサイトでも
    コラボ企画の内容についての連載記事が開始されましたので、
    興味がある方はぜひブックマークしておいて下さい。

    競馬ビッグデータへはこちらからどうぞ。
    競馬ビッグデータ
    ブログ右下のリンク欄にも追加しておきます。

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    卍指数の分析(1)

    今日は、卍指数に関する分析データを1つ公開したいと思います。

    注目するのは、1番人気馬の卍指数です。
    1番人気馬の卍指数が高いということは、1番人気馬の信頼度が高く、
    逆に、1番人気馬の卍指数が低いということは、
    1番人気馬の信頼度が低いということです。

    分析した条件は、2000年~2004年の5年間の新馬戦と障害戦を除く全レースで
    2番人気以下の全ての馬の単勝を「均等払戻」で買った場合の回収率です。

    「均等払戻」というのは、払戻金が同一になるように
    賭け金をオッズに反比例させる買い方です。
    例えば、払戻金を1万円にする場合には、10倍の買い目なら1000円、
    100倍の買い目なら100円買う、という買い方です。

    分析結果は下のグラフのとおりです。



    1番人気馬の卍指数が低くなるほど、他の馬の回収率が高くなっていることが分かります。
    特に、1番人気馬の卍指数が125以上のときと80未満のときとでは、
    他の馬の回収率が30%も違ってくることが分かります。

    今後は1番人気馬の卍指数にもぜひ注目してみて下さい。

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    JRDBとのコラボ企画(2)

    JRDBの「競馬ビッグデータ」というサイトで
    コラボ企画の内容についての連載記事が追加されました。

    追加された記事へは下記リンクからどうぞ。
    http://www.kbigd.com/archives/37684444.html

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    「競馬王テクニカル」シリーズ

    競馬王テクニカル 儲けの法則編」という本が明日発売になります。

    この本は、「競馬王テクニカル」シリーズの第三段です。
    雑誌「競馬王」やその関連書籍等から注目記事を抜粋した本のようです。

    私のことに関しては、
    「馬券裁判男の予想法を解明する本」や「競馬王7月号」(袋綴じ部分も含む)の
    記事が載っています。


    競馬王テクニカル 儲けの法則編

    なお、競馬王編集部の方が
    「競馬王テクニカル」シリーズの第一弾と第二弾のどっちかも
    個人的におすすめだとおっしゃっていたので、
    時間に余裕があればそちらも読んでみようと思います。
    (どちらがおすすめだったのかは忘れてしまいました。。。笑)

    (amazonアソシエイト)

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    競馬新聞での人気と実際の人気との乖離(その1)

    競馬新聞での人気と実際の人気が大きく異なっていることがあります。

    例えば、競馬新聞では◎が並んでどうみても1番人気なのに、
    実際には5番人気だったとか、
    逆に、競馬新聞では評価が低い馬が実際には1番人気になっているとか。

    このような場合、人気を上げている馬と人気を下げている馬の
    どちらを買うのが有利だと思いますか?

    下のグラフは、「競馬新聞での人気」と「実際の単勝人気」との「差」毎に
    単勝回収率と複勝回収率を計算したグラフですが、
    明らかに右肩下がりの傾向があります。
    グラフの見方と結論については、後日(その2)として書きます。



    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    競馬新聞での人気と実際の人気との乖離(その2)

    競馬新聞での人気と実際の人気との乖離(その1)」の続きです。 

    このような分析をしたい場合に、
    「競馬新聞での人気」をどうやって評価するかが問題ですが、
    (その1)で示したグラフはJRDBの「基準オッズ」を使いました。

    「基準オッズ」というのは、各専門紙の本紙やトラックマンの印を
    実際に集計した結果に基づいて算出されたオッズなので、
    「競馬新聞での人気」を反映しています。
    5年間の過去データで調べてみたところ、基準オッズでの1番人気は
    確定オッズでも80%を超える確率で1番人気になっていて、
    予想オッズとしてはかなり高精度です。

    (その1)でも示した下のグラフは、
    基準オッズによる人気順位から、確定単勝オッズによる人気順位をひいた数値を
    「差」として回収率を分析したものです。
    なので、グラフが右肩下がりになっているということは、
    競馬新聞での人気よりも当日売れている馬の方が
    回収率が高くなる傾向があるということです。



    当日売れている馬の方が回収率が高くなる要因としては
    以下のような要因が考えられると思います。

    (1)競馬新聞の印は枠番が決まる前に打たれている(という話を
    聞いたことがある)ので、枠番を考慮できる分だけ回収率が
    高くなる。
    (2)レース当日の情報(馬体重、馬場状態、パドック等)を考慮できる分
    だけ回収率が高くなる。
    (3)競馬新聞の印よりも馬券購入者の方が予想精度が高い。
    (4)事情通が回収率の高い馬に大口投票することによって、
    回収率の高い馬が異常人気になっている。

    確かな要因については分かりませんが、データ的には
    「新聞では人気なのに、なぜこんなに人気がないんだろう?」
    という場合には、少し注意した方がよさそうです。

    ちなみに、JRDBの「基準オッズ」は、実は、
    各専門紙の本紙やトラックマンの印だけを用いたものではなくて、
    騎手や近走成績も加味したオッズのようです。
    各専門紙の本紙やトラックマンの印「だけ」を純粋に用いたデータ
    を使った方が、より効果的な分析ができるはずなので、
    そのようなデータも提供してもらえないかどうか
    今度JRDBに相談してみたいと思います。

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    JRDBとのコラボ企画(3)

    JRDBの「競馬ビッグデータ」というサイトで
    コラボ企画の内容についての連載記事が追加されました。

    追加された記事へは下記リンクからどうぞ。
    http://www.kbigd.com/archives/38469524.html

    ところで、予想材料に使えるデータには様々なデータがありますが、
    一般の競馬ファンには公開されていないデータや
    簡単には入手できないようなデータを自分の予想や指数に
    取り込むことができれば、非常に大きなアドバンテージです。

    そういう意味で、非公開のデータも含む様々なデータを
    収集・蓄積しているJRDBとのコラボは、
    卍指数の精度を高める絶好の機会になると考えています。

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    自己紹介

    卍(まんじ)

    管理人:卍(まんじ)
    2005年~2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争い、雑誌「競馬王」では「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」として取り上げられました。

    卍の著書
    最新記事(6件分)
    過去記事一覧(カテゴリ別)
    過去記事一覧(月別)
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: