馬連(ワイド)・三連複の ボックス買いの場合の結果

    このブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複の
    ボックス買いの場合の的中買い目です。

    10月31日(土)
    <福島 2R>
    三連複 2-4-11 23760円
    <京都 9R>
    三連複 2-3-11 5270円

    11月1日(日)
    <福島 9R>
    三連複 6-12-15 106110円
    <京都 9R>
    ワイド 10-11 1240円
    <東京 9R>
    ワイド 1-2 13110円
    <京都 10R>
    三連複 1-4-12 3220円
    <福島 11R>
    三連複 5-8-12 5530円

    券種毎の単勝人気別回収率

    今日は、券種ごとの単勝人気別の回収率を分析してみました。
    用いたデータは2005年~2014年の中央競馬(新馬戦・障害戦を除く)です。

    馬連・ワイド・馬単・三連複・三連単については総流しの回収率です。
    「馬単1」は、馬単1着固定での総流し、
    「馬単2」は、馬単2着固定での総流し、
    「三連単1」は、三連単1着固定での総流し、
    「三連単2」は、三連単2着固定での総流し、
    「三連単3」は、三連単3着固定での総流しです。



    単勝では、5~7番人気馬の回収率が高くなっていますが、
    その他の券種では1~3番人気馬の回収率が高くなっています。
    単勝だけ特殊な傾向になっていることが分かります。
    このことから、単勝とその他の券種とでは、狙う馬を変えるのがよさそうです。
    ターゲット等の「単回値」を参考にして単勝以外の馬券を買うのは要注意です。
    単勝以外の馬券を買うのであれば「単回値」よりも「複回値」を参考にすべきです。

    複勝では、1番人気(単勝1番人気)の馬が最も回収率が高くなっています。
    これに対して、馬連・ワイド・馬単では、2番人気の馬が最も回収率が高くなっており、
    三連複・三連単では、3番人気の馬が最も回収率が高くなっています。
    馬連やワイドや馬単では、穴馬から買う場合に「1番人気馬は押さえておこう」と
    いう人や「1番人気との1点勝負」という人が多いために
    2番人気馬に妙味が出ていると考えられます。
    同様に、三連複や三連単では、穴馬から買う場合に「1、2番人気馬は押さえておこう」
    という人や「1、2番人気馬との1点勝負」という人が多いために
    3番人気馬に妙味が出ていると考えられます。

    上位人気馬(例えば1~2番人気馬)に着目すると、回収率は
    「馬単1」>「馬単2」
    「三連単1」>「三連単2」>「三連単3」
    となっています。
    馬単や三連単では、人気のある方を上位に固定した方が回収率が高くなるという
    傾向があります。
    マルチ馬券による高配当買い目の買われ過ぎが原因だと考えられます。

    全体的な傾向として、10番人気以下の馬は回収率が非常に悪いので、
    狙った穴馬ではない限りは、買うべきではありません。
    適当に総流ししていると、長期的には回収率が悪くなってしまうので、
    流し馬券を買う場合には、総流しよりも、
    相手を上位人気馬(特に1~3番人気馬)に絞るべき
    です。

    これらのことを意識するだけでも回収率は大きく変わってくると思います。

    馬連(ワイド)・三連複の ボックス買いの場合の結果

    このブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複の
    ボックス買いの場合の的中買い目です。

    11月7日(土)
    <京都 1R>
    ワイド 6-9 310円
    三連複 6-9-14 730円
    <東京 2R>
    ワイド 5-12 320円
    <東京 2R>
    三連複 5-7-12 1570円

    11月8日(日)
    <東京 2R>
    馬連 6-13 1540円
    ワイド 6-13 560円
    <東京 11R>
    三連複 14-15-18 3990円
    <東京 12R>
    ワイド 6-10 600円

    馬券に絡んだ 卍指数1位馬の穴馬

    11月7日(土)と11月8日(日)に馬券に絡んだ
    卍指数1位馬の穴馬です。

    11月7日(土)
    <福島 2R>
    7番人気1着 単勝1850円、複勝370円

    11月8日(日)
    <京都 9R>
    11番人気2着 複勝1320円
    <福島 12>
    13番人気1着 単勝8640円複勝1430円

    <<卍指数の取扱説明書>>

    卍指数の取扱説明書を作成しましたので
    卍指数を参考にされる方はぜひご一読下さい。

    ■■ (1)卍指数とは ■■
    どのような条件の馬の回収率が高く、どのような条件の馬の回収率が低いかということを、およそ10年分の過去データに基づいて分析し、それを指数化したものです。全部で45のファクター(計算式)を組み合わせて計算されています。前走の着順、前走の頭数、前走のペース、今回が偶数枠か奇数枠か、牝馬と季節との関係、血統の評価など、種々のファクターが用いられています。

    私は、2005年から2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争いましたが、卍指数はその期間に私が改良を重ねつつ実際に使っていた独自指数の最終版が基礎になっています。

    卍指数と、私が馬券購入の際に使っていた独自指数の最終版との違いは以下の点です。

    ・卍指数では、レース当日の馬場状態や馬体重やオッズのように、レース当日にならないと分からない情報は考慮していません。
    ・卍指数では、中京競馬場の改修や、マル市馬の廃止などの競馬環境の変化に対応するために、数個のファクターの計算式を見直しました。
    ・卍指数では、指数を計算するために独自に開発したソフトの仕様に合わせるために、例えば、前走のペースや、血統の評価など、数個のファクターの計算式を見直しました。

    これら以外の点については、ファクターの種類や計算式も含め、独自指数の最終版から変更は加えていません。

    ■■ (2)卍指数の特徴 ■■
    過去に回収率が高かった条件により多く当てはまっているほど、指数が高くなるように設計されています。100を基準として、平均的な馬よりも高い回収率が見込める馬(過小評価されている馬)は100より高い指数になり、平均的な馬よりも低い回収率しか見込めない馬(過大評価されている馬)は100より低い指数になるように設定されています。

    指数が同じ場合には、より人気薄の馬ほど、より高い回収率が見込める傾向があります。

    ■■ (3)卍指数の活用方法 ■■
    指数が100を超える馬を中心にして馬券を組み立てることにより、デタラメに馬券を買う場合よりも回収率の向上が期待できます。例えば、2010年1月から2015年9月までの過去データを分析すると、以下のような結果になります。

    ・卍指数が110点以上の馬の馬連ボックス→回収率128%
    ・卍指数が102点以上の馬の三連複ボックス→回収率125%


    このような分析結果については、今後、何らかのかたちで提供していきたいと思います。これらは、条件に該当する馬を無条件に均等買いした場合の結果なので、オッズや人気や出走頭数や上位人気馬の指数などによって買い目を絞り込むことによって、より高い回収率も期待できます。

    また、条件を絞り込むことによって、上記の買い目以外の買い目の中からも、回収率が100%を超える見込みが高い買い目を見つけ出すこともできますので、他人とは違う買い目もぜひ見つけ出して下さい。

    指数の大きさは、その馬の信頼度を示唆するので、例えば、1番人気や2番人気の馬の指数が100を大きく下回っている場合には、レースが荒れる可能性が高いと予想できます。逆に、1番人気や2番人気の馬の指数が100を大きく上回っている場合には、レースが堅く収まる可能性が高いと予想できます。よって、穴党に適したレースや、本命党に適したレースなど、レースを選択する際の判断材料として活用できます。

    卍指数では、例えば、以下のようなファクターは考慮していません。よって、卍指数に加えて以下のようなファクターも加味することによって、予想精度をより高めることが可能です。

    ・レース当日の情報(馬場状態、馬体重、オッズ、パドック、返し馬、芝の荒れ具合)
    ・調教情報

    ■■ (4)卍指数の注意事項 ■■
    卍指数が100を超える馬というのは、回収率が平均的な馬の回収率(75%前後)を超える見込みが高い馬です。回収率が100%を超える見込みが高い馬ではないので、ご注意下さい。

    卍指数は過去データの分析結果に基づいて、過去に回収率が高かった条件により多く当てはまっているほど、指数が高くなるように設計されています。よって、各馬の真の回収率の期待値を表すものではありません。卍指数が高くても回収率の期待値が低い馬が存在しますし、逆に、卍指数が低くても回収率の期待値が高い馬が存在します。

    全ての予想方法に当てはまることですが、どのような買い方をしてもスランプは必ず発生します。一般に、本命党の買い方は、穴党の買い方よりも的中率が高いため、スランプの期間が短くなる傾向がありますが、的中率が高い分だけ賭け金も大きくなりがちなので、短いスランプでも大きな損失につながります。どのような買い方をする場合でも、スランプを想定して、無理のない賭け金で馬券を購入すべきです。

    ■■ (5)一般的なアドバイス ■■
    これは私の持論ですが、馬を1頭選ぶ券種(単勝・複勝)よりも、馬を2頭選ぶ券種(馬連・ワイド・馬単)の方が、高い回収率を見込める買い目が見つかりやすいです。馬を3頭選ぶ券種(3連複・3連単)は、高い回収率を見込める買い目がさらに見つかりやすいです。また、単勝や複勝は他の券種に比べて投票総数が少ないため、集中投票によってオッズが下がりやすい傾向があります。よって、資金力にもよりますが、資金が豊富な場合には、単勝や複勝に大金を投じるよりも、相手も絞った上で3連複や3連単で多点買いをすることをおすすめします。

    自分の購入金額によってオッズが下がってしまうので、締め切り直前に購入するよりも、できるだけ早めに投票する方が有利です。例えば、卍指数だけを参考にして馬券を購入する場合など、当日の情報を考慮せずに馬券を購入する人であれば、前日もしくは当日の朝一に投票を済ませてしまうのが最も有利です。

    総流し馬券は、低い回収率しか見込めないような馬までひっくるめて買ってしまう買い方なので、非常にもったいない買い方だと思います。総流しするよりも、例えば、卍指数が一定値以上(例えば90点以上など)の相手に絞って流し馬券を買う方が、長期的には有利になると思います。

    以上

    コースの鬼の最新版が発売されますね

    近日発売される『JRA全競馬場・コース完全解析 コースの鬼! 3rd Edition
    という本ですが、
    私は、2004年に発売されたこの本の前作の2nd Editionを購入して
    コース分析にとても役立ちました。

    特に、コース別の説明に入るよりも前の冒頭の全体的な説明の箇所は
    当時の私にとっては知らなかったことが多く、
    びっしりとマーカーがひかれまくっています(笑)
    その本に記載されていた傾向を予想ファクターとして取り入れたものも
    あります。

    なので、今回の本の内容にも個人的に非常に期待しています。


    JRA全競馬場・コース完全解析 コースの鬼! 3rd Edition

    今週の結果

    ■11月14日(土)と11月15日(日)に3着以内に入った
    卍指数1位馬の穴馬(単勝または複勝10倍以上)です。

    11月15日(日)
    <福島 12R>
    7番人気1着 単勝1640円、複勝440円


    ■このブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複の
    ボックス買いの場合の全ての的中買い目です。

    11月14日(土)
    <東京 1R>
    ワイド 11-13 140円
    <福島 6R>
    馬連 12-15 830円
    ワイド 12-15 450円
    <福島 7R>
    三連複 2-10-14 17230円
    <東京 8R>
    三連複 2-10-11 3160円

    11月15日(日)
    <福島 2R>
    ワイド 6-8 3250円
    三連複 6-8-15 60590円
    <東京 2R>
    ワイド 10-11 490円
    <東京 3R>
    三連複 3-10-14 620円
    <東京 7R>
    三連複 11-13-16 37230円
    <福島 12R>
    三連複 1-4-10 36720円
    <東京 12R>
    ワイド 10-15 900円

    卍指数提供サービスの選び方

    現在、卍指数は以下の4つのサービスで提供されています。

    (1)「馬券モンスター」オプションデータ
     利用料:4週6,000円(馬券モンスターの利用料が別途必要
     パソコンに競馬ソフト「馬券モンスター」がインストールされている必要があります。

    (2)卍データダイレクト
     利用料:4週6,000円(JRA-VANの利用料が別途必要
     パソコンに競馬ソフト「ターゲット」がインストールされている必要があります。

    (3)卍ビュワー
     利用料:1週1,200円
     競馬ソフトは不要です。通常のブラウザーで閲覧可能です。

    (4)競馬放送局
     利用料:1日500円
     競馬ソフトは不要です。通常のブラウザーで閲覧可能です。

    (1)~(3)の販売業者は株式会社ジェイ・アール・デー・ビーです。
    (4)の販売業者は株式会社アイキューブです。

    提供されている指数自体は全く同じですが、指数の提供期間や提供方法が異なります。そこで、どのような人にはどのサービスがおすすめか、私の意見を書きますので、サービスを選ぶときの参考にして下さい。

    <ケース1>
    2010年1月~2015年9月の期間の卍指数も見たい!
    →(1)か(2)が必要です。

    <ケース2>
    今週の卍指数さえ見られればよく、過去の卍指数はいらない!
    →(3)か(4)がおすすめです。

    <ケース3>
    今週の卍指数だけでなく、2015年10月以降の卍指数も見たい!
    →(3)がおすすめです。

    <ケース4>
    パソコンの操作が苦手!
    →(3)か(4)がおすすめです。

    <ケース5>
    卍指数だけでなく、JRDB提供のデータも参考にして馬券を買いたい!
    →(1)がおすすめです。

    <ケース6>
    現在、ターゲットを使っている!
    →(2)がおすすめです。

    <ケース7>
    卍指数をいろいろ分析したい!
    →(2)がおすすめです。

    <ケース8>
    前日、できるだけ早い時間から卍指数が見たい!
    →(1)~(3)がおすすめです。

    <ケース9>
    著名予想家の予想も購入したい!
    →(4)がおすすめです。

    <ケース10>
    とにかく安いのがいい!
    →(4)がおすすめです。

    <ケース11>
    出馬表を卍指数順に並べ替えたい!
    →(3)がおすすめです。

    <ケース12>
    予想オッズ(JRDB提供の基準オッズ)も一緒に見たい!
    →(1)か(3)が必要です。

    <ケース13>
    スマートフォンで見たい!
    →(3)か(4)が必要です。

    <ケース14>
    画面をスクロールするのが苦手または面倒くさい
    →(3)がおすすめです。

    <2016/06/22追記>
    「バケモンMy軸クリエイター(正式版)」はこちら。
    bmc
    バケモンMy軸クリエイターとは、競馬ソフト『馬券モンスター』のデータをはじめ卍指数、外厩データなどを分析してあなたオリジナルの「My軸」を作成し、『馬券モンスター』や『TARGET frontier JV(ターゲット)』に印として表示させることもできる競馬データ分析ソフトです。

    今週の結果

    ■11月21日(土)~23日(月)に3着以内に入った
    卍指数1位馬の穴馬(単勝または複勝10倍以上)です。

    11月21日(土)
    <京都 12R>
    単勝 5 1050円

    11月22日(日)
    <東京 11R>
    単勝 4 3090円

    11月23日(月)
    <東京 2R>
    複勝 9 1330円


    ■このブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複の
    ボックス買いの場合の全ての的中買い目です。

    11月21日(土)
    <京都 1R>
    馬連 3-13 520円
    ワイド 3-13 250円
    <東京 12R>
    三連複 7-8-12 5480円

    11月22日(日)
    <東京 2R>
    馬連 3-15 660円
    ワイド 3-15 270円
    <京都 3R>
    三連複 2-10-11 5470円
    <東京 7R>
    三連複 2-6-13 1630円
    <京都 10R>
    三連複 7-9-16 9830円
    <東京 11R>
    馬連 4-12 4300円
    ワイド 4-12 1580円
    <東京 12R>
    三連複 2-7-9 1210円

    11月23日(月)
    <京都 1R>
    三連複 8-11-13 4230円
    <東京 2R>
    ワイド 9-11 2970円
    三連複 7-9-11 12850円

    「Vライン」馬券術

    今日は、松沢氏の「Vライン」という馬券術を紹介します。

    私が「Vライン」を知ったきっかけは、グラサン師匠著の
    鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
    を読んだのがきっかけでした。

    上の本は2008年に発売された古い本ですが、
    卍指数の販売でお世話になっているJRDBの赤木さんの
    話も書かれていることと、漫画なので空き時間に
    手軽に読めそうだったので読んでみました。

    その本の中で私が興味を持ったのが「Vライン」でした。
    「Vライン」は道中の位置取りの変化に注目することで
    過小評価馬を見つけ出すというものです。

    その馬券術の根拠に納得したので、
    過去10年分のデータを使って実際にVライン馬の成績を
    検証したところ、明らかに平均を上回る回収率でした。

    松沢氏の「Vライン」関連の本は、発売日が古いので中古しか
    入手ができないかも知れませんが、その分、非常に安いです (^^)
    値段と価値は一致しないと再確認しました。
    ・「奇跡のVライン (競馬王確勝馬券術プログラム)
    ・「Vライン〈2〉V‐AVERAGE 2001‐2002
    ・「逆襲のVライン馬―馬単・3連複で威力絶大!!!
    ・「馬単・三連単時代のVライン帯封講座―前走の位置取りだけで激走馬を見抜く方法 (競馬王新書)

    みなさんの予想材料に「Vライン」を加えてみては
    いかがでしょうか?

    今週の結果(日曜東京5Rで○→◎→▲で三連単21万馬券など)

    ■3着以内に入った卍指数1位馬の穴馬(単勝または複勝10倍以上)

    11月29日(日)
    <東京 5R>
    3番ドゥーイット 12番人気2着 複勝1280円

    ■ブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複のボックス買いの的中買い目

    11月28日(土)
    <京都 2R>
    馬連 3-13 2820円
    ワイド 3-13 810円
    <東京 7R>
    馬連 2-12 9460円
    ワイド 2-12 2050円

    11月29日(日)
    <東京 5R>
    馬連 3-10 23060円
    ワイド 2-10 760円
    ワイド 2-3 3720円
    ワイド 3-10 4990円
    三連複 2-3-10 31810円
    <東京 8R>
    三連複 7-9-13 3610円

    ■その他の卍指数上位馬絡みの高配当

    土曜東京9Rで◎→○→☓で、三連複3万馬券、三連単20万馬券
    日曜東京5Rで○→◎→▲で、三連複3万馬券、三連単21万馬券

    ブログで紹介した馬連(ワイド)・三連複のボックス買いの公開後の回収率

    10月中旬に紹介した馬連(ワイド)・三連複のボックス買いの
    公開後(2015/10/15~2015/11/29)の回収率です。
    卍指数の取扱説明書」の(3)にも書いてある買い方です。


    卍指数1位馬の回収率

    卍指数の有料提供を開始後(2015年10月以降)の
    卍指数1位馬の単勝回収率・複勝回収率です。



    過去データの分析結果よりもやや優秀な数字です。
    自己紹介

    卍(まんじ)

    管理人:卍(まんじ)
    2005年~2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争い、雑誌「競馬王」では「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」として取り上げられました。

    卍の著書
    最新記事(6件分)
    過去記事一覧(カテゴリ別)
    過去記事一覧(月別)
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: