「卍指数活用術」と「卍の不定期予想販売」の違いについて

    何人かの方から問い合わせがありましたので、
    「卍指数活用術」(活用術)と、「卍の不定期予想販売」(予想販売)との違いについて説明します。

    ■概要■
    「活用術」は、卍指数のユーザー向けに、卍指数を用いて買い目を出す方法の一例を提供するものです。
    卍指数と当日のオッズを見ながら、ご自分で買い目を抽出していただく必要があります。
    「予想販売」は、レース前日の段階で卍指数と予想オッズに基いてコンピューターで抽出した買い目を
    ボックスやフォーメーションなどの買い目として提供するものです。

    ■予想方法■
    「活用術」は、卍指数と当日オッズに基づいて買い目を抽出します。
    過去の成績結果は、確定オッズを用いて計算しています。
    「予想販売」は、卍指数と予想オッズ(JRDBデータ)に基いて買い目を抽出しています。

    ■買い目■
    「活用術」と「予想販売」の買い目は、どちらも卍指数を用いているので
    ある程度似ていますが、「活用術」では当日オッズを用いており、
    「予想販売」では予想オッズを用いているので、買い目が異なることも多いです。
    例えば、2016年8月14日の小倉7Rでは、
    「活用術」では三連複(5万馬券)と三連単(27万馬券)が的中になっていますが、
    「予想販売」では、11番トレジャートローヴの予想オッズが
    1番人気(実際は2番人気)だったために、買い目から外れて不的中でした。

    ■買い目数■
    「予想販売」よりも「活用術」の方が、実際の人気を考慮して買い目を抽出できるので、
    期待値の高い買い目をより多く抽出できる可能性が高いです。

    ■回収率■
    回収率については、どちらが高くなるかは分かりません。
    「活用術」は、2015年9月以前のデータを用いて作った予想方法ですので、
    2015年10月以降の成績が「活用術」の真の実力を表していると言えます。
    「予想販売」は、2016年7月17日までのデータを用いて作った予想方法ですので、
    2016年7月18日以降の成績が「予想販売」の真の実力を表していると言えます。

    ■馬券購入のタイミング■
    「活用術」は、確定オッズに基いて作った予想方法なので、過去の成績に近づけるためには、
    できるだけ締め切り間際に馬券を購入する必要があります。
    「予想販売」は、確定オッズを用いない予想方法なので、いつ購入しても構いません。

    ■買い目の安定性■
    「活用術」は、当日オッズによって買い目が変化することがあります。
    特に1番人気馬が入れ替わったときには買い目が大きく変化することがあります。
    締め切り間際に馬券を買っても、確定オッズでは買い目が変わることがあります。
    「予想販売」は、当日オッズを用いないので、買い目が変化することはありません。

    ■買い目の購入■
    「活用術」は、当日オッズ等を見ながら馬券を購入する必要があるので、
    特に締め切り間際に馬券を購入しようとすると、レース当日はパソコンや券売機から離れられません。
    「予想販売」は、時間に縛られることなく自分のタイミングで馬券を購入できます。

    ■利用料金■
    「活用術」は、「活用術」さえ購入すれば、その後は卍指数の利用料(最低1日500円)しかかかりませんが、
    「予想販売」は、1日3,000円(現時点での価格)がかかります。

    ■おすすめ度■
    「活用術」と「予想販売」のどちらがおすすめかというご質問もありますが、
    私としては、どちらが良いというような答えは持っていません。
    最終的にどちらの回収率が上かは、終わってみなければ分かりません。
    ただし、「活用術」での実績が良くない単勝・ワイド・馬連に関しては、
    より最近の期間のデータを用いて予想方法を見直した「予想販売」の方が
    回収率が高くなる可能性が高いだろうと予想します(あくまで予想です)。
    なので、回収率を気にするよりも、どちらの買い方が自分に向いているかによって
    選択していただく方が良いと思います。
    例えば、オッズによって買い目が変わったり馬券購入に時間をかけたりするのが
    嫌な方には「予想販売」が合っていますし、
    より多くの買い目を買いたい方やコストを優先する方には「活用術」が合っています。

    その他、ご質問等があれば右下のメールフォームからご連絡下さい。
    関連記事
    自己紹介

    卍(まんじ)

    管理人:卍(まんじ)
    2005年~2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争い、雑誌「競馬王」では「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」として取り上げられました。

    卍の著書
    最新記事(6件分)
    過去記事一覧(カテゴリ別)
    過去記事一覧(月別)
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: