投資競馬までの道のり(その4)

    投資競馬までの道のり(その3)の続きです。

    JRA-VANの利用料金が安くなったことなどから
    2004年に馬王を再開することにしました。
    そして、PAT口座に100万円を入金し、
    それが無くなったら馬券購入を中止するという
    ルールを決めて、馬券を買い始めました。

    券種は、単勝・複勝・馬連・ワイド・馬単・三連複でした。
    1点あたりの購入金額は、オッズに反比例させていました。
    つまり、オッズが高い買い目は小さい金額にし、
    オッズが低い買い目は大きい金額にすることで、
    払い戻し金額が一定になるようにしていました。

    2004年における1日あたりの購入金額は、
    多い日で28万円、少ない日で3万円で、
    平均すると1日に13万円ほど購入していました。

    2004年5月8日から買い始めて、2004年の年末までは
    69日のうち、黒字は24日でした。
    券種別では、単勝・複勝・馬連・ワイドがマイナスで、
    馬単と三連複がプラスでした。

    2004年のトータル収支は、
    8972000円購入して、8973210円の払い戻しで、
    プラス1210円と、ほぼトントンでした(笑)
    馬王代とJRA-VAN代を考慮すると数万のマイナスでした。。。

    次回に続きます。
    関連記事

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    自己紹介

    卍(まんじ)

    管理人:卍(まんじ)
    2005年~2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争い、雑誌「競馬王」では「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」として取り上げられました。

    卍の著書
    最新記事(6件分)
    過去記事一覧(カテゴリ別)
    過去記事一覧(月別)
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: