行政裁判も実質終了

    先日の刑事裁判の最高裁判決で、外れ馬券が経費として認められ、
    3年間の税額が減額されることが確定しましたが、
    それを受けて、国税局が
    行政裁判の方で問題となっている5年間の税額を減額したため、
    行政裁判も実質的に終了しました。
    判決は5月29日です。

    これで、長かった裁判からようやく開放されることになります。

    私の裁判と並行して行われている他の馬券裁判が
    現在どのような状況なのか知りませんが、
    ハズレ馬券が経費として認められることを期待しています。
    関連記事
    自己紹介

    卍(まんじ)

    管理人:卍(まんじ)
    2005年~2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争い、雑誌「競馬王」では「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」として取り上げられました。

    卍の著書
    最新記事(6件分)
    過去記事一覧(カテゴリ別)
    過去記事一覧(月別)
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: