牝馬を分析してみる(その1)

    以前の記事『この「消し」ファクターをいくらで買いますか?』で
    コメント欄に「牝馬」ではないかとの投稿がありましたので、
    今回は牝馬について分析してみたいと思います。

    分析に用いるデータは、2010年から2014年の5年間の中央競馬のデータです。
    回収率は、均等買いした場合のものです。

    全レースを対象にして分析してみると、性別ごとの成績は以下のようになりました。



    でも、よく考えると、レースの中には牝馬だけしか走らない牝馬限定戦も含まれています。
    私たちが知りたいのは、牝馬を狙うべきか否かなので、
    牡馬やセン馬も一緒に走るようなレースでの牝馬の成績を調べる必要があります。

    そういうレースに絞って再度分析してみると、性別ごとの成績は以下のようになりました。



    この結果から、牝馬は他の性別と比べて回収率が約10%見劣りするようです。

    ただし、この結果を見てすぐに牝馬を馬券対象から全部外すのはもったいないです。
    むしろ、牝馬にとって有利なレース条件やコンディションを見つけ出すことができれば
    牝馬を絡めたおいしい馬券を見つけ出すことができます。
    そうすれば、牝馬というだけで馬券の対象から外している人より優位に立てます。

    そこで、次回からは、牝馬にとって有利な条件について検証してみたいと思います。

    例えば、一般的に牝馬は早熟だと言われているので、年齢別の成績を調べてみると
    面白いかも知れません。
    他にも、特に牝馬について、こんな分析をしてみて欲しいという要望があれば、
    ブログ右下のメールフォームからご連絡下さい。
    関連記事

    テーマ : 競馬予想
    ジャンル : ギャンブル

    自己紹介

    卍(まんじ)

    管理人:卍(まんじ)
    2005年~2009年の5年間で馬券の配当で得た所得に関して裁判で争い、雑誌「競馬王」では「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」として取り上げられました。

    卍の著書
    最新記事(6件分)
    過去記事一覧(カテゴリ別)
    過去記事一覧(月別)
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: